NEC GREEN ROCKETS
  • 公式facebook
  • 公式twitter
  • 公式instagram
  • 公式youtube

NECグリーンロケッツ東葛元契約選手逮捕を受けた今後の対応について

チーム情報

シェアする

NECグリーンロケッツ東葛の元契約選手であるブレイク・ファーガソンが2021年12月30日に違法薬物の所持容疑という重大な法令違反により逮捕されたことに対し、深くお詫び申し上げます。
当社は引き続き警察の捜査に全面的に協力してまいります。また、ファーガソン元選手については2022年1月2日に選手契約を解除いたしました。

チームではこれまでコンプライアンス遵守の徹底と日々の注意喚起を行っておりましたが、結果的に新規契約選手への周知・徹底などの取組みが不十分であったと言わざるを得ず、今回の事態に至ったことを厳粛に受け止めております。
今回、緊急対策として既にチームの選手・スタッフ全員に対し外部機関による薬物検査を実施し、全員の検査結果が陰性であることを確認いたしました。また、外部の弁護士同席のもと全選手に対してコンプライアンス遵守の説明を実施した上で、個別ヒアリングと誓約書の取得を行いました。さらに今後、全選手への定期的な薬物検査およびコンプライアンス研修の実施、また新規選手契約時の薬物検査を含む身辺調査の徹底を行ってまいります。
これらの対策に加え、今回の事実関係の徹底分析に基づく最終的な再発防止策の提言に向けて調査委員会を設置し、1か月程度を目途に対策を纏め、公表する予定です。また管理責任を明確にするため、適切な対策の実施後にスポーツビジネス推進担当役員およびチーム幹部の処分を行うことを予定しています。
 
こうした状況を踏まえて熟慮した結果、全力でのプレーを通じて信頼回復に努め、ラグビーをはじめとするスポーツ振興や地域活性化への責任を果たしていきたいとの考えから、2022年1月8日のJAPAN RUGBY LEAGUE ONEの開幕戦に出場することを決定いたしました。
当然ながら今回の件によりリーグ、関係者、ファンの皆様におかけしたご心配とご迷惑も重く認識していることから、今期のホストゲームの収益の一部をリーグにおける違法薬物の根絶対策などのために寄付することで、一般社団法人ジャパンラグビーリーグワンと協議を進めております。
 
JAPAN RUGBY LEAGUE ONEの開幕が目前に迫る極めて大切な時期に関係の皆様に多大なるご心配とご迷惑をお掛けすることとなりましたこと、また日頃よりチームを応援・ご支援いただいている皆様の期待を大きく裏切る事態となりましたこと、重ねて心よりお詫び申し上げます。皆様の信頼を一日でも早く回復できるよう、チーム一丸となり誠心誠意努めてまいります。