NEC GREEN ROCKETS
  • 公式facebook
  • 公式twitter
  • 公式instagram
  • 公式youtube

クルーの皆様へ ~感謝のメッセージ~

チーム情報

シェアする

全ての試合を終え、シーズン通してどんな状況でも常にご声援いただきましたCREWのみなさまに、下記感謝を申し上げます。

梶原健 代表


おかげさまでグリーンロケッツは、入替戦を終えて、無事DIVISION1に残ることができました。
同時に、今季のすべての試合を無事戦い終えたことを、非常に嬉しく思っています。
一方で、グリーンロケッツは、私たちだけではなく、クルーの皆様とともに飛び立つというコンセプトを掲げています。
しかし、皆様といっしょにロケットを打ち上げながら、レギュラーシーズンでは勝利をつかむことができませんでした。そのことを非常に申し訳なく思っております。
ホストスタジアム柏の葉公園総合競技場での最終戦(第15節埼玉パナソニックワイルドナイツ戦)の試合後には、クルーのみなさまに「来季もDIVISION1での戦いをお見せします」とお約束しましたが、今は、なんとか最低限お約束を守れたかなと思っています。
今季は、ロケットを全部解体して組み立て直した1年でした。
そのなかで、打ち上げてはみたものの、上手くいかなかったところがあった――というのが正直なところですが、今季の反省を踏まえて、来季はグリーンロケッツを、できるだけ遠くまで飛べるようなロケットに仕上げていくのが課題だと思っています。
来季に向けて、これからしっかりと整備し直して、皆様を無事、目的地である「宇宙一輝く星」にお届けできるよう、今後も準備をしていきたいと思っております。
引き続き、熱いご支援をいただけるよう、よろしくお願い致します。
 
 

マイケル・チェイカDOR(ディレクター・オブ・ラグビー)


クルーの皆様には、本当に感謝しても感謝しきれないほど、パワーをいただきました。
皆様にとっても、チームの成績が思わしくない今季は、厳しいシーズンだったと思います。
しかし、皆様の応援があって、昨季は上位16チームに残ることができ、今季はさらに数が絞られたなかで、トップレベルの12チームに残ることができました。
チームとしてもその過程で積み重ねたハードワークが、来季以降の良い結果につながるものだと確信しています。チームは来季、また大幅にメンバーが替わると思いますが、それでも、常に向上し続けるというチームの個性(キャラクター)は、来季以降も、さらに大きな飛躍をもたらしてくれるものだと信じています。
来季は、まず上位8チームに入ることを目指して頑張りますので、引き続き皆様のサポートをよろしくお願い致します。