NEC GREEN ROCKETS
  • 公式facebook
  • 公式twitter
  • 公式instagram
  • 公式youtube

MATCH INFORMATION

試合情報

JAPAN RUGBY LEAGUE ONE

レギュラーシーズン

グリーンロケッツ東葛

VS

コベルコ神戸スティーラーズ

コベルコ神戸スティーラーズ

28

7

前半

31

21

後半

26

57

  • チケット購入
  • 放送・配信情報
前半
後半
前半
後半
4
4
T
1
3
2
3
G
1
3
PT
1
PG
DG
31
26
小計
7
21

STARTING MEMBER

スターティングメンバー

RESERVE MEMBER

リザーブメンバー

  • R

    16 SHIN KAWAMURA

  • R

    17 TAKITAKI ELONE

  • R

    18 TAKU TOMA

  • R

    19 KAVAIA TAGIVETAUA

  • R

    20 WHETUKAMOKAMO DOUGLAS

  • R

    21 FUMIAKI TANAKA

  • R

    22 GEHAMAT SHIBASAKI

  • R

    23 YUDAI KAMEYAMA

マッチリポート

■グリーンロケッツ、意地の4トライを挙げるも、スティーラーズに敗れる!
初夏を思わせるような気候のなか、試合はNECグリーンロケッツ東葛のキックオフで始まった。
直後の蹴り合いでコベルコ神戸スティーラーズがこぼしたボールをHOアッシュ・ディクソンが拾って前進。さらにLOジェイク・ボールが鋭く切れ込み、いい形でアタックを仕掛けたが、フェイズを重ねたところでノックオン。最初のアタックはそこで途切れ、スティーラーズのスクラムとなった。
このスクラムからスティーラーズは一気にバックスで仕掛けて大きく前進。そのままトライに結びつけられた。さらに8分にも、ゴール前のラインアウトからモールを押し込まれ、いきなり0対10とリードを広げられた。
それまでほとんどボールを持つ機会がなかったグリーンロケッツは、11分にそのリスタートから反撃開始。
ハーフウェイライン付近でラインアウトを獲得すると、高いキックでスティーラーズのミスを誘い、カウンターアタック。FBトム・マーシャルが抜け出し、CTBレメキ・ロマノ・ラヴァにつないで22メートルラインを越えて攻め込む。続くラックからいいタイミングでボールが出て、SOフレッチャー・スミスからパスを受けたNO8アセリ・マシヴォウがきれいに抜け出し、ポスト真下に、マシヴォウ自身の、グリーンロケッツでの初トライを記録。スミスのコンバージョンも決まって一気に3点差に追い上げた。
さらに17分には、自陣のスクラムでスティーラーズの反則を誘ってピンチを脱出。いい流れをつかんだかと思われたが、続くラインアウトでミスが生じて、反撃ムードを高められない。
逆に、直後からの10分間でペナルティトライを含む3連続トライを奪われて、7対31で前半が終了した。

後半も、立ち上がりにトライを奪われる嫌な展開だったが、50分過ぎにSH木村友憲が相手陣のスクラムでしつこく球出しに絡んでミスを誘い、チャンスの芽を作る。そこからFWで圧力をかけ、51分には途中出場のFLカヴァイア・タギヴェタウアがトライを挙げた――かに見えたが、これはTMOの結果、直前のプレーでノックオンがあったと判定されてトライは認められず。しかし、それでも相手陣でのアタックは続き、54分にマシヴォウが、この試合2つ目となるトライを決めて、14対36と追い上げた。
さらに直後には、スミスのキックが、今季から採用された50:22ルール(自陣から蹴ったボールがバウンドして相手陣22メートルラインを越えてタッチを切った場合に、蹴ったチームのラインアウトとなる)でマイボールのラインアウトとなり、チャンスが続いた。しかし、そこからモールを組んでトライを狙ったところでオブストラクションの反則をとられ、いい流れが途切れる。
グリーンロケッツは、そこから連続トライを奪われて一時は14対50と引き離されたが、それでも、諦めることなく反撃。
64分にはタギヴェタウア、71分にはこちらも途中出場のNO8フェトゥカモカモ・ダグラスが、それぞれトライを挙げ、スミスがすべてコンバージョンを決めて28対50と意地を見せた。
だが、終了直前にも1トライを奪われて、最終的には28対57と敗れた。

試合詳細レポート・写真、およびヘッドコーチ・メンバーズコメントはこちら