NEC GREEN ROCKETS
  • 公式facebook
  • 公式twitter
  • 公式instagram
  • 公式youtube

MATCH INFORMATION

試合情報

JAPAN RUGBY LEAGUE ONE

レギュラーシーズン

グリーンロケッツ東葛

VS

埼玉パナソニックワイルドナイツ

埼玉パナソニックワイルドナイツ

10

10

前半

10

0

後半

29

39

  • チケット購入
  • チケット情報
  • 放送・配信情報
前半
後半
前半
後半
1
T
1
5
1
G
1
2
PT
1
PG
1
DG
10
0
小計
10
29

STARTING MEMBER

スターティングメンバー

RESERVE MEMBER

リザーブメンバー

  • R

    16 ASH DIXON

  • R

    17 SUNAO TAKIZAWA

  • R

    18 TAKU TOMA

  • R

    19 YOSHIYA HOSODA

  • R

    20 RYOI KAMEI

  • R

    21 TOMONORI KIMURA

  • R

    22 BEN HUGHES

  • R

    23 MASAKI OBATA

マッチリポート

■グリーンロケッツ、前半の健闘を後半につなげられず、最後のホストゲームも敗れる!
今季最後のホストゲームは、あいにく本降りの雨のなかでキックオフを迎えた。
立ち上がりは、埼玉パナソニックワイルドナイツにスクラムで圧力をかけられて反則を犯し、自陣に攻め込まれる展開。4分にはトライを許し、7点を先制された。その後も、再三ゴール前まで攻め込まれたが、懸命の防御でなんとか失点を1PGに抑え、スコアは0対10に。
それでも防御の時間が長く続いたが、21分には、流れを変えるプレーが飛び出した。
自陣10メートルラインと22メートルラインの中間辺りでのワイルドナイツ投入のラインアウト。ここでLO山極大貴がジャンプ一番、相手ボールをスチール! さらにそこから前に出て、SH田中史朗が防御の背後に小さくボールを転がすと、これにWTB後藤輝也が飛び込んでボールを確保。2つの好プレーが続いてチャンスを広げたグリーンロケッツは、左へ展開。SOフレッチャー・スミスが防御を引きつけながら送ったパスを、CTBティム・ベネットが受けて一気に突破。そのままトライへと走り切った。
スミスが20回連続成功となるコンバージョンを決めて7対10と3点差に。
これでいい流れに乗ったグリーンロケッツは、さらに26分に、クルーの手拍子に後押しされてスクラムを押し込み、ペナルティを獲得。続く相手陣でのラインアウトからのアタックでは、FWが力強く前進を重ねて反則を誘い、30分にスミスがPGを決めて、ついに同点に追いついた。
直後のリスタートからは自陣ゴール前に攻め込まれてピンチを迎えたが、必死のディフェンスでトライを阻止。最後は、スクラムでフリーキックを得て、ボールを外に蹴り出して、10対10のタイスコアでハーフタイムを迎えた。

期待が高まったなかで始まった後半は、しかし、52分までに、ワイルドナイツに3連続トライを奪われる苦しい展開に。
56分過ぎには、自陣で相手ボールのラインアウトを、山極がこの日2本目のスチール。さらにFL廣澤拓も続けてスチールを敢行。流れを引き寄せたかに見えたが、密集でのボール争奪戦で圧力をかけられてペナルティを犯し、前半のようには流れを引き寄せられない。63分にさらにトライを追加され、スコアは10対34に広がった。
その後、負傷から長いリハビリを経て復帰したFL亀井亮依がピッチに入るなど、ベンチも手を打ったが、なかなかハーフウェイラインを越えて攻め込めない。最後も、ゴール前のスクラムから攻められてトライを許し、10対39で試合が終了した。


試合詳細レポート・写真、およびリーダーズ・メンバーズコメントはこちら

PARTNER SHIP

パートナーシップ

プレミアムパートナー

オフィシャルユニフォームパートナー

オフィシャルパートナー

オフィシャルサプライヤー

プロモーションパートナー

メディアパートナー

サポートカンパニー

  • チケット購入
  • チケット情報